モノ魔リスト

モノ魔リスト

必要ではない。だがよく考えてみると、たしかに必要ではないようだが愛すべきモノたち。

国際憶測

マジックマッシュルームをミシガンで味わう【EDO RAMEN】

マジックマッシュルームとは何たるやというと、いわゆる幻覚キノコ(毒キノコ)である。 www.fukushihoken.metro.tokyo.jpかつては合法だったそうだが、今日の日本においては麻薬原料植物として規制されている一品だ。当然国内では入手も摂取もできない。 こ…

あまり買わない方が良いシャンパン【California Champagne】

※この記事は多くの脚色が加えられておりますが、ある程度は事実です。 大学院生時代、成り行きでハンガリーを訪れた事がある。 その際ちょっと時間があったので、ちょっとだけ高級なレストランへ赴いた。目当ては食べられる国宝として名高いマンガリッツァで…

アメリカの韓国系スーパーで眺める現地の日本語【アメリカン和牛】

米国には多岐にわたるスーパーマーケットがあり、筆者も週末になるとよく食材の買い出しに赴く。 品質はそこそこだがとにかく安いWalmart(ウォルマート)、 日本人にもトレジョとして有名なTrader Joe's(トレーダージョーズ)、 何となくお洒落なNino Salv…

百貨店のアウトレットは本当にお得なのか 3/3【再びノードストローム編】

前回、前々回と2記事にもわたって、百貨店のアウトレット(オフプライスストア)についてああでもないこうでもないと述べてきた中で、どうやら一応お得な商品はあるらしい事が分かってきた。 www.raretsu.com www.raretsu.comあとはオフプライスストア専売品…

百貨店のアウトレットは本当にお得なのか 2/3【サックスフィフスアベニュー編】

前回の記事においては、百貨店のアウトレット(オフプライスストア)が本当にお得なのかどうかについて検証するため、老舗百貨店のノードストローム系列を例に挙げて愚考を重ねてみた。 www.raretsu.com その検証の過程で2つの邪な疑念、即ち 1.オフプライ…

百貨店のアウトレットは本当にお得なのか 1/3【ノードストローム編】

世の中には多くの高価なブランド品が存在するが、それらのうちいくらかは定価より安く手に入る事もある(代表例はセール)、というのは他の有益なブログや情報媒体にて語られる通りである。 これは日本においてももちろんそうだが、アメリカでは更にこの機会…

アメリカの有名百貨店とアウトレット店舗一覧を垂れ流してみる

日本でもそうであるように、米国にもやはり数多くの百貨店が存在し、日々しのぎを削っている。そして景気の動向や消費傾向の変化に伴い、業界全体としてやや苦境に立たされている状況も共通している。 例えば高級百貨店として高名な米バーニーズニューヨーク…

きっと壊れにくいスーツケース【スーリー Thule Revolve Spinner シリーズ】

新年早々に縁起が悪い感もあるが、 スーツケースが壊れた。 無神経に石畳の上ガラガラと引いていたためか、持ち手側のキャスターの片方がいかれてしまった。 今思えば、随分ゴキゲンな色のスーツケースである。 写真ではわかりにくいが、黒い部分が完全に陥…

世にも奇特な靴専門の博物館【バータ靴博物館】

世の中に数多くの博物館があることは浅学なる筆者も重々承知しており、そしてその多くは特色があり、それぞれ固有の価値を秘めていることも容易に予想がつく。が、筆者は浅学にして愚昧でもあるため、どうにも『特色が強そうに見える博物館』に安易に吸い寄…

都内からもアクセス可能な穴場ノマドカフェ【Cafe Immortelle】

カフェと一口に言っても色々あるが、筆者は『コーヒーをメインで扱っていて、何となく居心地の良い』スタイルのカフェを好んでいる。また現在の仕事柄、PC(とマネージャーの許し)さえあればリモートワークも可能なため、電源やネット環境が整っているカフ…

アメリカにおけるダイレクトメール事情【封入された硬い何か】

ミシガンへ移ると、ほどなく家の郵便受けにはDMとか広告とかいった類のものが届くようになった。日本でも同じようなことはあるし、別段それ自体は驚くことではない。 ただ、このミシガンで受け取ってきたDMとか広告には、ちょっと特徴的なスタイルがあるよう…

件の「年収1400万円は低所得」の記事について何かを垂れ流したかった

一度日本を離れてミシガンへ来てみると、日本のニュースを目にする機会が減る。 …というのは筆者が浅学で物臭なだけだろうが、その面倒くさがりな筆者も、最近こんなニュースを拝見した。 www.nikkei.com 当初これらを目の当たりにした時には、 ・天下の日経…

メガネ・サングラスのライセンスブランドについて垂れ流し足りなかった

前々回の記事においては、各社有名ブランドとライセンス契約を結ぶアイウェアメーカー各社の存在について垂れ流した。 www.raretsu.com 続く前回の記事では、その従来の構図を変えつつある新勢力について垂れ流した。 www.raretsu.com 今回の記事においては…

メガネ・サングラスのライセンスブランドについてもう少し垂れ流したい

先日、 サングラス等のアイウェアは、その多くがライセンスブランド であることについて垂れ流した。 www.raretsu.com そして近年になって新勢力が現れ、その勢力図に影響を及ぼしているという事まで垂れ流した。よって、今回はそれらの新興勢力の2社に着目…

メガネ・サングラスのライセンスブランドについて垂れ流したい

今から10年以上前だろうか、当時アパレル企業を経営していた知己が 「バーバリーブラックレーベル等を狂信する連中とは。いやはや。なかなかどうして御しがたい。」 と零したのを聞いたことがある。言うまでもなくこれは、いわゆる『ライセンス契約』による…

イリノイ生まれの時刻の合わせ方【ジェファーソン ミステリークロック】

さて、このGolden Hourに関しては2回にもわたって偉そうな事を冗長に垂れ流してきた。 www.raretsu.com www.raretsu.com ところが、実はこれまで一番基本的な時刻合わせの方法については理解していなかった。流石に3記事目ともなるとそれを書かねば、もはや…

仄かな夜光をたたえしイリノイの使者【ジェファーソン ミステリークロック】

eBay大使の粋な計らいで、満を持してイリノイよりこのミシガンへと降り立ったGolden Hourについては、先日の記事にてその経緯を冗長に垂れ流した。 www.raretsu.com しかし、これも垂れ流した通り説明書は付属していなかったため、使い方をはじめとして情報…

イリノイ生まれの輝ける使者【ミステリークロック ゴールデンアワー】

筆者の務める事務所の隣のテナントで不動産業を営むDaniel(本名)が、ある日こんなジョークを教えてくれた。 "Stop complaining about your life. There are literally people living in Illinois." (筆者意訳:人生にあれこれ文句言うのはやめにしようぜ…

多分ミシガンあるある:芸術的な路面

恐らく、 ひょっとすると、 多分ミシガンに特有な現象 を、不定期かつ果てしなく無責任に垂れ流していく 多分ミシガンあるある であるが、本日はまだしもミシガンらしい話題を取り上げたい。 芸術的な路面(牙を剥く大動脈) これは結構有名な話であるそうだ…

多分ミシガンあるある:コスチュームに異常な拘り

日本で働いていた頃を懐かしむ事は特段ないが、しかし気づけば筆者も日本から米国へ赴任してそれなりに経過した。 赴任した当初こそカルチャーショックというか、その手の驚きに包まれた毎日であったように回顧するが、近頃はそれなりに順応しつつあるのだか…

隣の席の人、解雇されたってよ。~米国におけるレイオフとその後~

数日前に筆者は、隣の席の女性がレイオフ(という名の解雇)される様を目の当たりにしてしまった。 www.raretsu.com しかし昨日の記事でも触れている通り、 米国でこういった解雇劇が繰り広げられている事それ自体は、この情報化社会においては普通に知りえ…

隣の席の人、今日解雇されるってよ。~米国におけるレイオフ~

筆者の勤務地は、筆者含め若干5名のみで構成される小規模な事務所である。 そして今朝、その頭数が4名となった。 筆者の隣のデスクの女性スタッフが、 レイオフ (Lay off) されたのである。 情報化社会になって久しい今、ネットで米国におけるレイオフについ…

【ノードストロームラック】トリーバーチやマグナーニもお手頃な格安ブランドストア

この全米堂々第14位のGDPを誇るミシガンに限らず、米国ではオフプライスストアと言うものをよく見かける。 このオフプライスストア、いわゆる一般的なアウトレットとは異なり、様々なジャンル・ブランドの商品の中から、恐らく廃番商品や過剰在庫、はたまた…

ビジネスカジュアルとは一体何か? - 米国赴任準備に潜む恐るべき伏兵

アメリカはミシガンへ赴任する少し前、現地の営業&人事マネージャーと電話会議による面接をしたことを思い出す。 そこでは仕事に関する内容はもとより、カジュアルな内容もやり取りされたわけであるが、その中で『服装に関する規定』について話が及んだのを…

【ミシガンアンティークフェスティバル】2度目にして悟る、ミシガンの不文律

聡明なる諸兄姉におかれては誰しも既にご存知であろうが、 彼のミシガン、つまり 全米でも堂々14位のGDP(2018年度名目GDP)を誇り、 人口も第10位(2015年)、 面積も驚きの第11位にして、 州都にいたってはLansingである、 全米においても最も影響力がある…

【Michigan Antique Festival】全米GDP14位ミシガンによる最大のアンティーク祭り

この記事は5分では読めないはずです。 聡明なる諸兄姉におかれては誰しも既にご存知であろうが、 彼のミシガンにおいては年に数回、とあるアンティークフェスティバルが開催される。 miantiquefestival.com 彼のミシガンとはつまり、 全米でも堂々14位のGDP…

あの米国で堂々第14位のGDPを誇るミシガンにみる『報道しない自由』

この記事はひどいです。 筆者がまだ多少若かった頃は、『報道の自由』という言葉が持て囃されていたように記憶している。 が、近年は『報道しない自由』なる姿勢が流行りのスタイルだと聞く。 Wikipediaにて検索してみると、 報道しない自由(ほうどうしない…

【バーチ・ラン・プレミアムアウトレット】あの全米14位GDPのミシガンで最大疑惑のアウトレット

こと「全米」と聞くと、脊髄反射のごとく『震撼』とか『泣いた』とか『ナンバーワン』とかのワードを後ろにつけたくなるのは陰険な筆者に限った話であろうが、そんな全米において堂々14番目のGDP(2018年名目GDP)を誇るのが、かのMI、すなわちMichigan(ミ…

店員に見間違われるための夏ファッション指南【ミシガン在住男性向け】

この記事はとても5分では読めません。 この題名をご覧になった諸兄姉の中に、 『この筆者は頭が本格的にどうかしている』 あるいは、 『このたわけは一体何を言っているんだ』 もしくは、 『このうつけが!ブログを何だと思っている!』 との感覚をお持ちに…

米国はミシガン、その働き方を観察し愚考してみる 【勤務時間編】

この記事は10分でも読めないかもしれません。 それは、筆者がミシガンの支社に赴任する前の事であった。 それほど仲良くもない先輩社員から、下記のような非常にありがたい話を頂戴したのである。 「日本における働き方と、米国のそれを比べてみて、果たして…