対岸(Michigan)のブランパン

対岸(Michigan)のブランパン

このブログでは、欠かせる情報をピンポイントすぎる視点で垂れ流しております。

海外赴任

ビジネスカジュアルとは一体何か? - 米国赴任準備に潜む恐るべき伏兵

アメリカはミシガンへ赴任する少し前、現地の営業&人事マネージャーと電話会議による面接をしたことを思い出す。 そこでは仕事に関する内容はもとより、カジュアルな内容もやり取りされたわけであるが、その中で『服装に関する規定』について話が及んだのを…

【ミシガンアンティークフェスティバル】2度目にして悟る、ミシガンの不文律

聡明なる諸兄姉におかれては誰しも既にご存知であろうが、 彼のミシガン、つまり 全米でも堂々14位のGDP(2018年度名目GDP)を誇り、 人口も第10位(2015年)、 面積も驚きの第11位にして、 州都にいたってはLansingである、 全米においても最も影響力がある…

【Michigan Antique Festival】全米GDP14位ミシガンによる最大のアンティーク祭り

この記事は5分では読めないはずです。 聡明なる諸兄姉におかれては誰しも既にご存知であろうが、 彼のミシガンにおいては年に数回、とあるアンティークフェスティバルが開催される。 miantiquefestival.com 彼のミシガンとはつまり、 全米でも堂々14位のGDP…

あの米国で堂々第14位のGDPを誇るミシガンにみる『報道しない自由』

この記事はひどいです。 筆者がまだ多少若かった頃は、『報道の自由』という言葉が持て囃されていたように記憶している。 が、近年は『報道しない自由』なる姿勢が流行りのスタイルだと聞く。 Wikipediaにて検索してみると、 報道しない自由(ほうどうしない…

店員に見間違われるための夏ファッション指南【ミシガン在住男性向け】

この記事はとても5分では読めません。 この題名をご覧になった諸兄姉の中に、 『この筆者は頭が本格的にどうかしている』 あるいは、 『このたわけは一体何を言っているんだ』 もしくは、 『このうつけが!ブログを何だと思っている!』 との感覚をお持ちに…

米国はミシガン、その働き方を観察し愚考してみる 【勤務時間編】

この記事は10分でも読めないかもしれません。 それは、筆者がミシガンの支社に赴任する前の事であった。 それほど仲良くもない先輩社員から、下記のような非常にありがたい話を頂戴したのである。 「日本における働き方と、米国のそれを比べてみて、果たして…

【Knights Bridge Antique Mall】ミシガンでその身に刻むは、素晴らしいゴチャゴチャ感

この記事も5分では読めません。 米国はミシガンへ赴任してからというもの、観光地も含めて種々の地へ赴く機会があった。 日本に生まれた日本の筆者(参考URL)が、その過程で様々な違いを感じた事は想像に難くない。 わけても電流が走ったこととして、アンテ…

隣のデスクの電話が鳴っている。代わりに取るべきか、それとも放っておくべきか。

この記事は10分かけても読めません。 他の記事でも散発的に述べたような気もしているが、筆者は現在日本企業に属しながら、米国内はミシガンの支社に勤務している。 いわゆる海外赴任とかそういった、今日ではよくある類の形式である。 ただ、支社とは言いな…

米国のデトロイトあたりで住み始めたような時に驚いた気がする4個ぐらいの事

初めて配達スタイルを目の当たりにした時のイメージである。 日本で働いていた頃を懐かしむ事は特段にないが、しかし気づけば筆者も日本から米国へ赴任してそれなりに経過した。 赴任した当初こそカルチャーショックというか、その手の驚きに包まれた毎日で…