対岸(Michigan)のブランパン

対岸(Michigan)のブランパン

このブログでは、欠かせる情報をピンポイントすぎる視点で垂れ流しております。

腕時計

【Knights Bridge Antique Mall】ミシガンでその身に刻むは、素晴らしいゴチャゴチャ感

米国はミシガンへ赴任してからというもの、観光地も含めて種々の地へ赴く機会があった。 日本に生まれた日本の筆者(参考URL)が、その過程で様々な違いを感じた事は想像に難くない。 わけても電流が走ったこととして、アンティークモールがやたらと点在して…

【Great Lakes Crossing Outlet】あの全米で14番目のGDPを誇る州における最大のアウトレット

こと「全米」と聞くと、脊髄反射のごとく『震撼』とか『泣いた』とか『ナンバーワン』とかのワードを後ろにつけたくなるのは陰険な筆者に限った話であろうが、そんな全米において堂々14番目のGDP(2018年名目GDP)を誇るのが、かのMI、すなわちMichigan(ミ…

【SHINOLA GOMELSKY(ゴメルスキー) 後編】ミシガンを背負い立つ角型時計の礎となるか

そのつぶらな眼光の先にあるのは、ラウンドか、はたまたレクタンギュラーか。 ※ 3000文字以上におよぶ冗長にして内容の薄い前置きを、何としても回避されたい方はこちらへ。 先日の記事においては、SHINOLAの別ラインであるGOMELSKYより、ラウンドケースのAU…

【SHINOLA GOMELSKY(ゴメルスキー) 前編】ミシガンを舞台に躍動する存在たりえるか、ラグの魔術師

先日の記事においては、腕時計の明日を憂う腕時計フリークの諸兄姉に対し、冗長にして極めて個人的な意見の垂れ流しを敢行してしまった。そして、事もあろうにここにその上塗りをしようと試みる筆者は紛れもなく陰険、それに加えて愚鈍とすら言えよう。 さて…

【SHINOLA シャイノーラ】新生デトロイトを牽引するは、洒脱なる意匠か、即妙なる手腕か

新生デトロイトを象徴するブランドたり得るか、はたまた…? ※1 およそ1500文字におよぶ冗長にして内容の薄い前置きを、何としても回避されたい方はこちらへ。 ※2 その後2500文字以上に及ぶ冗長にして個人的な意見の垂れ流しを、是が非でも回避されたい方はこ…

自作『風』手縫い腕時計用革ベルトの望まれぬ爆誕【CASSIS AVALLON+不必要なひと手間】

手縫いであって、自作『風』である。これは一体どうしたことか。 初回の更新とするには、あまりに誤解を招きかねないタイトルとなってしまったが、事実を有り体に書いた結果こうなってしまったのだから、これはもう致し方ないだろう。かねてより、辺境のブロ…