対岸(Michigan)のブランパン

対岸(Michigan)のブランパン

このブログには、一部誇張表現や常軌を逸した回りくどさがありますが、自覚はございます。

ビジネスカジュアルとは一体何か? - 米国赴任準備に潜む恐るべき伏兵

 

アメリカはミシガンへ赴任する少し前、現地の営業&人事マネージャーと電話会議による面接をしたことを思い出す。

 

 

そこでは仕事に関する内容はもとより、カジュアルな内容もやり取りされたわけであるが、その中で『服装に関する規定』について話が及んだのをよく覚えている。

 

筆者が

 

「米国の服装規定はどうなっているのか?」

 

と尋ねると、

 

「こっちには制服みたいなものはないから、Business Casualでよろしく。それと、客先用にスーツは必要だから何着か持ってきたほうがいいね。」

 

「あと金曜日はJeans Dayといって、ジーンズで出勤してOKだ。まあ変えるのが面倒だったら、いつも通りBusiness Casualでもいいけどね。」

 

との回答を得たわけである。

 

 

 

つまるところ、筆者は渡米にあたり

Business Casualな格好

を最低限用意する必要が出てきたわけである。

 

 

 

 

では、Business Casualとは一体どんなものか。

『敵を知り己を知れば百戦殆うからず』という語句は今時未就学児でも諳んじるほどだそうだし、であればまずは敵情視察としゃれこむべきだ、と筆者は愚考するに至った。

 

 

まずはいつも通りDr. Google

『ビジネスカジュアル』

と検索してみると、このような有用な画像が見つかった。

f:id:Raretsu:20191019081520p:plain

出典:Collection

 

多少幅はあるが、基本的にはジャケパンスタイルを指すもののようだ。

 

 

 

ところで筆者が赴く地はアメリカであるが、アメリカと一口に言っても地域性が色々とあるらしい。

なんでも『東海岸から西海岸へ行くにつれてスーツを着る人が減る』という噂もあるとかいう話である。

 

f:id:Raretsu:20191019082255p:plain

筆者が赴任するのはミシガン、即ちどちらかというと東海岸に近い方である。

ならば『ややコンサバ気味なビジネスカジュアル』が好ましいという事だろうか。

 

 

 これを踏まえ、赴任に揃えていくつかの対策アイテムを持っていくことに決めたわけである。

 

 

 

 

赴任前の対策

 

まずはシャツだが、無難にセミスプレッドからセミワイドくらいのカラーの、ソリッドあるいは柄の主張の強くないものを選択。

アイロンを丹念にかけるのも面倒なので、適当にイージーケアのものをまとめて購入した。

f:id:Raretsu:20191019101429j:plain

 

 

 

パンツに関しては、ひとまず無難にグレーベージュ、それにネイビーを選択。

これに加えてスーツのパンツもあるからして、最悪現地で困ったとしても、ある程度の誤魔化しは効くだろうと踏んだわけである。

ベルトはスーツ用にセリエを1本だけ持参し、残りは現地調達とした。

f:id:Raretsu:20191019101453j:plain

 

 

 

次にジャケットだが、ひとまずネイビーブラウンを持参。

最悪スーツのジャケットでお茶を濁してもいいし、これも現地調達が可能だ。

f:id:Raretsu:20191019101520j:plain

 

 

 

加えて客先訪問用のスーツが必要である。

赴任時期に合わせ、新たにチャコールグレーで仕立ててもらうことにし、既に持っているネイビーと合わせて都合2着を持っていくことに決めた。

f:id:Raretsu:20191019101553j:plain

 

 

 

ネクタイも柄がそれほど強くないものを3本。

ネクタイピンは元々使っている衣飾屋のもの。レンチが特にお気に入りである。

f:id:Raretsu:20191019101641j:plain

 

 

は多少迷ったものの、最終的に「米国だし多少は遊んでも許されるだろう」根拠不明の持論が鎌首をもたげ、最も数の多い茶系をメインに持参。

f:id:Raretsu:20190923005358j:plain

この記事でも言及しているが、筆者は私服でも基本革靴オンリー(運動する時はもちろん運動用のシューズを履くが)のため色々混ざっているが、何とかなるだろうと憶測。折角なので米国発祥とされるタッセルローファーも持っていくことにした。

 

 

 

セーターはややきわどいが、ネクタイさえ締めていれば一応ビジネスカジュアルの範疇に収まるらしい。

よって、柄を控えたソリッドなものをいくつか持参。

f:id:Raretsu:20191019102016j:plain

 

 

 

時計に関しては、とりあえず左の2つなら大丈夫だろう。右端は週末に着用すれば良い。

f:id:Raretsu:20191019122316j:plain

 

 

 

はこの記事で垂れ流している通り、ずぼらの救世主たるこれで解決である。

f:id:Raretsu:20190826091125j:plain

www.raretsu.com

 

 

これらを組み合わせ、下記のようなスタイルでの通勤を想定。

少なくとも週5日着回せれば、当面のところはなんとかなる。

f:id:Raretsu:20191019102157j:plain

 

 

とはいえこのスタイルをもってしても、

「なんだそれは?どこがBusiness Casualだ!出直してこい!」

と言われてしまう可能性もないではない。

だがその場合は、当座スーツ通勤でやり過ごさせてもらおうという魂胆である。

 

完璧とは言えないまでも、渡米前対策としては上々ではなかろうか。

 

そんな感慨を胸に抱きながら、この筆者はデルタ航空の直行便に飛び乗ったわけである。

 

 

 

 

 

赴任後の状況

 

デルタ航空の直行便から米国の地に降り立ち、現地に初出社した筆者。

 

その筆者が月曜日の朝に目の当たりにしたのは、

 

 

 

ピンクの柄シャツを着用するマネージャーであり、

f:id:Raretsu:20191019113604j:plain

アリ?





ビビッドなカモフラ柄セーター白スニーカーを合わせた男性スタッフであり、

f:id:Raretsu:20191019113700j:plain

まずいのでは?





 

ライダースジャケットヒョウ柄のインナー着こなす女性スタッフであった。

f:id:Raretsu:20191019113716p:plain

ええー…。



 

 

 

原因と反省

筆者はどこで道を違えていたのか。

まず最初のしくじりポイントは、『ビジネスカジュアル』と検索してしまったことである。

というのも、現地のマネージャーは『ビジネスカジュアル』とは一言も言葉を発していないのだ。

彼は、『Business Casual』と言ったのである。

 

 

ということで今一度『Business Casual』と検索してみると、このような有用な画像を発見した。

f:id:Raretsu:20191019103339p:plain

出典:Business Insider

 

この時点でジャケパンではなく、ネクタイも必須ではなく、ついでに柄物のニットもOKという事がわかる。

また更に調べていくと、そもそも個々の定義にもかなり幅がある事がわかる。

いずれにせよ、『ビジネスカジュアル』と検索した時よりも、よりカジュアルよりな印象を受ける。

 

 

 

次のしくじりポイントは、『そこは日本ではない』という認識が足りなかったことだ。

そもそもが曖昧な定義である『Business Casual』であるわけだが、

その概念を日本で適用した場合米国で適用した場合とで、

導き出される結果が大きく変わってくる。

 

つまり、

 

客先訪問時にはスーツを着てネクタイをきちんと締めるのが当たり前の日本と、

客先訪問時でもネクタイどころかジャケットすら着ないのが普通なアメリカでは、

 

『曖昧が許す範囲』すら変わってくるということである。

 

スーツに関して言うにしても、顧客によっては『スーツを嫌う』ところもあるので、着ること自体滅多にない。仮に着る場合でも、ネクタイはまず締めない。これは日本においてはあまりないと言えるだろう。

 

 

こうして、

 

現地の状況に全く合わない服装をしこたま携えた筆者

 

がここミシガンに推参するに至ったわけである。

 

 

 

正しい『傾向と対策』の立て方

では本来、こういった自体を避けるために何を為すべきであったのか。

まず取れる対策として、マネージャーが『Business Casual』だと言った時、

具体的には?

例えば今日はどんな格好してる?

色は?

形は?

といったことを訊ねておくべきだったのだろう。

ときには物事の仔細に立ち入ることによって、悲しい勘違いを避けることができる。

 

あるいは

「アメリカ的な服装に溶け込みたいから、参考にスタッフの格好か何か見せてもらえないか?」

とでも聞けば良かったかもしれない。

 

写真というやつは結構雄弁で、一瞥しただけで何となく感覚というのが掴めたりする。

最近聞いた例としては、スケール付きの空撮写真で人数を把握するという方法があるらしい。例えばデモ等の参加人数に関して、主催者側と警察側の発表値が著しくかけ離れている事が往々にしてあるそうだが、そういう時に使えばどちらが嘘をついているかが凡そわかるという方法があるらしい。

初めて聞いた時はなるほどと思ったものだが、そういう意味で一枚でも写真を見せてもらったならば、現地の感覚が分かったかもしれない。

 

 

ちなみに金曜日=Jeans Dayについて、筆者は単純にジーンズを穿いてきてOKな日という認識でいたが、これもどうも違ったらしく、実際には

『何でもOKな日』ということらしい。

 

いかなジーンズデイとはいえ、事務所のマネージャーが

 

明らかに特定の野球チームを意味するウェア(しっかり野球帽も着用)

 

で出勤してきたときは流石に仰天したものだが、

 

「どうしたんだ?落ち着けよ!今日は金曜日だろ?」

 

当の本人に冷静に言われてしまったのだから、もはや何も言うことはない。

 

 

 

 

結局のところ、『Business Casual』を事前に正しく捉えるには

 

・定義が極めて曖昧なことを知っておく

・現地の状況を具体的に確認しておく

 

この2つを押さえておく必要があるかもしれない。

 

 

 

 

ちなみに、『私服』のつもりで持ってきたこの辺のアイテムたちだが、今では『Business Casual』として平日に大活躍している。

f:id:Raretsu:20191019110404j:plain

ちなみにこのセーター、何故か最も評判が良い。

 

 

Raretsu

 

【バーチ・ラン・プレミアムアウトレット】あの全米14位GDPのミシガンで最大疑惑のアウトレット

 

こと「全米」と聞くと、脊髄反射のごとく『震撼』とか『泣いた』とか『ナンバーワン』とかのワードを後ろにつけたくなるのは陰険な筆者に限った話であろうが、そんな全米において堂々14番目のGDP(2018年名目GDP)を誇るのが、かのMI、すなわちMichigan(ミシガン)州である。

 

 

このミシガン州、そのGDPもさることながら人口で見ても10番目(2015年)、面積で見たならば11番目、更に州都はあのLansingである。

かような情報を踏まえたならば、このミシガンが全米においても1,2を争うほどに重要な立ち位置にあると断言して然るべきと言うのも、強ち過言かもしれない。

 

 

 

そんなミシガンにおいて最も大きな規模を誇るアウトレットが—

 …などと供述した導入にて、先日ミシガン最大のアウトレットたるグレートレイクスアウトレットを生意気にも紹介した。

 

 

 

 

 

ところが。

とある日の帰りがけ、この地に20年以上住む事務所のマネージャーに

 

”グレートレイクスって、ミシガンで一番でかいアウトレットだよね?”

 

と訊けば、

 

”大きさで言ったらバーチランじゃないか?”

 

即答したではないか。

 

 

 

 

 

 

なんとしたことか。

ブログに、虚偽の記載をしてしまった。

 

 

 ↓↓↓虚偽の内容を含んだ疑いのある記事↓↓↓

www.raretsu.com↑↑↑偽りを孕んだ可能性のある記事↑↑↑

 

 

仮にもブログを書くものとして、このような初歩的な誤りを犯すとは。

意図したものではなかったとはいえその所業、まさに万死に値する。

深くお詫びするとともに、今後二度と過ちを犯さぬよう、ここに一切の筆を投げ捨てることにする。

 

Raretsu

 

 

 

 

 

 

 

 

といった逡巡を多少は抱いたのだが、実際赴いてみると今回のバーチランアウトレット

「Largest」

「Biggest」

といった表現が見られなかったのである。

隙あらば「Largest」と書くグレートレイクスを先に訪れてしまったならば、あれを最大と認識しても仕方がないのではないか、と自己弁明に暇がない筆者がここにいるわけだ。

 

そもそも思い返せば、ここはただのブログではない。

史上稀にみるほどの辺境ブログである。

よってどこが最大とかいった情報は、他の信用に足るブログ様に任せることにしたい。

 

 

 

 

そんなわけで、ミシガン最大とされる

Birch Run Premium Outlet (バーチ・ラン・プレミアムアウトレット)

について垂れ流していきたい次第である。

www.premiumoutlets.com

f:id:Raretsu:20190928085505j:plain

 

 

f:id:Raretsu:20190928085658j:plain

 

 

当然であるがこのバーチランアウトレット、されるだけあってかなり大きい。

f:id:Raretsu:20190928085932j:plain

 

どうやら、おおよそ120程度のショップが軒を連ねているようだ。

ちなみにどちらが大きいかで揉めているかもしれない、あのグレートレイクスアウトレットとの最大の違いは、あちらは屋内、こちらは屋外アウトレットということである。

 

f:id:Raretsu:20190928092935j:plain

例によって巨大なので、その全容は収められない。

 

日本でも屋外のアウトレットは存在するが、米国の場合はそのサイズがやたらと大きいためか、店舗間を車で移動するのが主流のようだ。

よって、どの店舗の前にも広大すぎるほどの駐車スペースが完備されている。

 

f:id:Raretsu:20190928093014j:plain

 

f:id:Raretsu:20190928093049j:plain

 

f:id:Raretsu:20190928093109j:plain

 

とはいえ、歩いてまわるのが絶対に不可能というわけではない。

 

実際、気になる店舗をいくつか見て回りながらざっと回ったところ、2時間ほどで一応回る事が出来た。

筆者がそもそもアウトレットに興味がないという事もあるかもしれないが、何にせよ距離的には不可能ではないということである。

ただ現地人であると思わしき諸兄姉はいずれも、基本的に車でそれぞれの店舗をはしごしているように見受けられた。

察するに筆者のように何となく全体を見るというわけではなく、もともと目当ての物が決まっているのだろう。

 

 

 

目当ての物と言えば、前回のグレートレイクスでも極めて見識の狭い筆者の独断と偏見によっていくらかの店舗を取り上げた記憶がある。

このバーチランアウトレットも十分以上に多くの店舗を持っているからして、この度も同様の形式に進んで甘んじたいと考えるが、今回は更に筆者の偏執的な趣向を凝らしたセレクトになっていることを、事前にお詫び申し上げる。

 

筆者の偏執的な趣向を凝らした考察の垂れ流し

アパレル編

靴・鞄編

その他

結局どちらが大きいのか編

 

 

 

アパレル編

基本的な傾向として、米国のアウトレットでは衣料品がかなり安くなるようだ。

これはグレートレイクスバーチランも、その他のアウトレットでも同様である。

どこも体感で50%~60%くらいになっている印象で、更にクリアランスセールのゾーンが置かれている場合もあり、その手のゾーンは70%超の値引きがされている事もしばしばである。

日本でも有名なところでいえば、アメリカンイーグルトミーフィルフィガー等さまざま存在するが、これらはグレートレイクスアウトレットにも存在する。

よって衣料品に関しては、グレートレイクスにはなかった2店舗だけにとどめておきたい。

  

THE NORTH FACE (ザ ノースフェイス)

f:id:Raretsu:20190928095144j:plain

アメリカ合衆国発のアウトドア衣料品を扱うショップである。

おおよそのものが60%オフ、一部はそれよりもさらに安くなるようである。グレートレイクスには同店舗がないため、これを目当てに来る諸兄姉もいると聞く。

 

 

OLD NAVY (オールドネイビー)

f:id:Raretsu:20190928095542j:plain

GAPの傘下に位置するOLD NAVY。どこか既視感があるような気がしたものだが、どうやら2016年を最後に日本からは撤退しているようである。米国へ訪れた記念として購入意欲を狩られる諸兄姉もおられるだろうか。

 

 

 

靴・鞄編

 

G.H. Bass (ジーエイチバス)

f:id:Raretsu:20190928100212j:plain

G.H. Bassのペニーローファーと言っても泣く子は黙らず泣き続けるかもしれないが、所謂ローファーの元祖としてその名を轟かせているのもまた事実ではないだろうか。

陰険な筆者は米国の靴にさしたる共感は覚えないのでさほど詳しくはないが、しかし日本に比べると安価であることはかろうじて理解できた。

 

所謂代表的なペニーローファーを日本で買った場合、例えばこちらで確認数するに概ね\20,000ほどするようである。

 

 

対してこのアウトレットでは、$145から更に40%オフ(カラーによっては50%オフ)といった様相であった。為替相場にもよるが、大体日本の半値になるようだ。

ただしサイズだけは要注意で、USサイズでいうと10以上が大半である。89といったものは殆ど残っていないようだった。恐らく女性用についても同様の値引きが為されており、サイズが大きめなのも同様だろう。

 

 

Samsonite (サムソナイト)

f:id:Raretsu:20190928101440j:plain

グレートレイクスにもある、人気の鞄ブランド。値引きの仕方もほぼあちらと同じで、基本的には40%オフ~60%オフが主流のようだ。一部ワゴンセール(といってもサイズ的にワゴンには入らないが)のようなものあり、その場合は70%近く値引きされるものもあるようである。

ちなみにバーチランにはTUMIはないため、そちらが目当ての場合はグレートレイクスアウトレットがおすすめである。

 

 

COACH (コーチ) ・ COACH MEN (コーチ メン)

f:id:Raretsu:20190928101847j:plain

こちらもアメリカ合衆国発の人気皮革製品メーカーである。

実はこれまではアウトレットを訪れても、コーチには全く気を払っていなかったのだが、今回何となく拝見したところ、その値引き率の高さに驚愕した。

 

確認した限りでは、店内の殆どの製品が表示価格から70%オフというものだった。

例えば$600のレザーリュックであれば$180となるわけである。更に一部の製品はそこから更にタイムセールで20%オフ、すなわち最終的に86%オフという有様であった。

 

ところがこの現実は、筆者には俄かには受け入れがたいものであった。

仮にも皮革製品であるならば、そんな大きな値下げはできない

というのが愚昧なる筆者の見立てであるからである。

 

そんな筆者であるから、

 

”ははあ。これはこれは。これらの値札から更に70%オフということではなく、この値札自体が、既に70%の値引きが実行された価格、という意味であるかな?”

 

したり顔でスタッフに探りを入れたわけだが、

 

”その方、除算もできぬ愚昧か。値札を読み取り、7割引きを自ずから実行せよ。さすれば最終値を得られん。”

 

即答されてしまった。

愚昧であることも見抜かれたのだから、これはもう素直に退散するほかない。

 

 

しかしそれだけ安いとあれば、筆者がこの手のややこしい鞄偏愛する者でなかったならば購入に踏み切っていたであろうに。

つくづく自らの偏屈さが口惜しいと言わざるをえない。

 

 

 

その他

 

BOSE (ボーズ)

f:id:Raretsu:20190928103304j:plain

こちらもグレートレイクスと被るが、人気のBOSEである。

あちらの記事でも触れたが、BOSEは最もアウトレット感のある店舗といっても良いかもしれない。

服や靴等に比べると値引き率はやや辛いものの、$300$250になっていたり、あるいは$250$150になっていたり、と思いきや完全に定価だったりと様々である。

 

そしてこのからくりをスタッフに尋ねたところによれば、値引きされているのは所謂

『リファービッシュ品』

ということらしい。性能・保証期間は普通の物と同じだという触れ込みである。

リファービッシュ品の在庫があるものは値引きし、そうでないものは定価販売という様式のようで、したがって例えば同じ製品でも、リファービッシュされているブラックは安く、普通の新品であるオレンジは定価、といった事が起こり得るのである。

 

 

LE CREUSET (ル クルーゼ)

f:id:Raretsu:20190928104252j:plain

グレートレイクスにも店舗のあった、フランス発のお洒落なキッチンウェアブランドである。

グレートレイクスで拝見した時にはあまり値引きがされていない印象だったが、こちらではテーブルごとに30%オフ50%オフといった形で展開されているようだった。

売り場面積があちらよりも広いので、品数が単純に多い事もプラスに働いているのかもしれない。

ルクルーゼといえばカラフルなホーロー鍋が人気だが、ちらほら30%オフや50%オフのテーブルにもあったことから、それなりに値引きはされているのだろう。

 

しかし陰険な筆者の目を引いたのはそれらの鍋ではなく、同社のシェフナイフである。

下記の通り、日本の価格ではどうやら\15,000ほどの価格のようである。 

 

 

が、バーチランの店舗では$70ほどまで落ちていた。

見たところ鋼材は武生特殊鋼材のV金10のようであるから実用に支障はないであろうし、そのお洒落さも相まってか、陰険な筆者ですら多少購買欲を掻き立てられたほどである。

 

”ルクルーゼに行ったならホーロー鍋の値段を見て来いよ役立たずが”

とご指摘の諸兄姉がおられたならば、素直に謝罪するほかにあるまいが。

 

 

 WILLIAMS-SONOMA (ウィリアムスソノマ)

f:id:Raretsu:20190928105909j:plain

浅学なる筆者は寡聞にして存じ上げなかったが、このウィリアムスソノマ、キッチン用品などを扱うアメリカの小売店という事である。

 

初めて訪れたわけであるが、比較的ハイレンジの品揃えのようである。

例えば先述のルクルーゼも扱っていたため、同社のホーロー鍋が欲しい諸兄姉はどちらもチェック対象となりえるかもしれない。

衣料品ほどではないが結構値引き率の高いものも多く、分布は20%オフ~70%オフといった具合である。

ちなみにネスプレッソがかなり置かれていたが、一律で20%オフのようだった。

 

他にもやたらとお洒落なものが多いので、眺めているだけでも何やらこそばゆく感じられてしまうのは偏屈な筆者だけであろう。

 

f:id:Raretsu:20190928110254j:plain

 

f:id:Raretsu:20190928110634j:plain

 

f:id:Raretsu:20190928110852j:plain

 

f:id:Raretsu:20190928110709j:plain

クリアランスの棚もある。もともとはハイレンジの品なのだろうが、埃をかぶっているのだから本当にクリアランスなのだろう。

 

 

 

とはいえ陰険かつ偏屈な筆者としては、こちらが気になった。

f:id:Raretsu:20190928111453j:plain

日本ではあまり聞かないように思うが、SMEG (スメッグ) なるイタリアの家電メーカーという。

なんとなくデロンギデディカに似たような風貌だが、こちらの方がやや丸みがあって可憐なようで、意外や意外に視線を奪われたものである。

 

f:id:Raretsu:20190928112156j:plain

とはいえ、デディカも決して悪いデザインではない。

 

ちなみにこちらのSMEG、日本で買うと下記のように10万の大台を超えてしまう事もあるようだ。

  

一方で、このウィリアムズソノマならば$449から更に20%オフである。

上記の商品リンクの価格と比べたならば、何ともお得ではないか。買う必要があるかどうかは全く別ではあるが。

 

f:id:Raretsu:20190928112545j:plain

ちなみにSMEGの隣には、どこかで見た事のある杖が$12でひっそりと売りに出されていた。

 

 

結局どちらが大きいのか編

f:id:Raretsu:20190928121642j:plain

意外とあまり目立たない目印。

 

冒頭でもソフトに触れたが、結局どちらが大きいのかという事については

偏屈な筆者のいい加減な体感として、

 

店舗数で見れば

グレートレイクス>バーチラン

 

敷地総面積で見れば

バーチラン>グレートレイクス

 

という認識でよいのではなかろうか、と憶測する。

個人的には店舗数が多く、何よりLargestを前面に推しているグレートレイクスの方が適任のように思えるが、捉え方は人それぞれなのでこのあたりで匙を投げておく。

 

その証拠として、今回の題名を

 

ミシガン最大「疑惑」のアウトレット

 

とすることで、丸く収めたつもりでいたい筆者である。

 

 

 Raretsu

 

店員に見間違われるための夏ファッション指南【ミシガン在住男性向け】

この記事はとても5分では読めません。

 

この題名をご覧になった諸兄姉の中に、

 

 

 

『この筆者は頭が本格的にどうかしている』

 

あるいは、

 

『このたわけは一体何を言っているんだ』

 

もしくは、

 

『このうつけが!ブログを何だと思っている!』

 

 

 

との感覚をお持ちになった方はおられるだろうか。

 

 

もしそんな諸兄姉がおられたとすれば、

 

畏れながら、

 

無礼を承知で、

 

このように申し上げたい。

 

 

 

 

 

その感覚は圧倒的に正しい。

 

 

 

何せ筆者自身、

 

自身の頭はどこかどうにかなってしまっている自覚があるし、

何を言っているのか自分自身でも全くつじつまが合わぬし、

ブログを馬鹿にしていると思われても仕方がないと覚悟はしている次第だ。

 

 

 

 

わけても胸に刺さるは、最後の指摘である。

 

 

翻って考えるに、ブログとは何かしら有用な含意を持つべきであると筆者は夢想する。

というのも筆者は普段、はてなブログのトップページからログインをするわけだが、そのトップページにはいくつかのおすすめ記事が表示されている。

 

 

 

編集時の今もふと目をやると、

 

『昨今の国際情勢に関する意見・考察』

『新書に関する辛口書評』

『そもそも、デザインとは何か?』

『タピオカミルクティーがブームです』

『虎屋の羊羹』

 

 

等々。

その題名からして、明らかに有用であると察せられる記事が揃い踏みだ。

いかに辺境ブログとはいえ、やはり筆者としてもこれらのように含蓄に富んだ何かを書き上げてみたいものである。

 

 

 

しかし実際、わが身を顧みればどうだろうか。

 

海外にいながらも国際情勢にはどうにも疎いし、

このところ新書は読んでいないし、

デザインのいろはを知らぬ愚鈍であるし、

タピオカミルクティーも滅多に飲む機会がない。

 

 

虎屋の羊羹に至っては、筆者の逼迫した懐事情がそれを断固として許さない。

 

f:id:Raretsu:20190910072555j:plain

写真は筆者に許される羊羹である。6個セットでおよそ4ドル。ミシガン在住の日本人なら誰もが知る、あのOne World (通称ワンワだそうだ) で購入可能。

 

 

含意に富む記事を書く機会も、文才もない。

その厳然たる事実にある種の絶望感を覚えつつも、しかしさらにページをスクロールした、その先には。

 

 

 

はてなブログ運営より与えられし、まさに天啓にも等しい御言葉があるではないか。

 

f:id:Raretsu:20190910072927p:plain

まさしく天啓である。

 

 

つまり、おすすめ記事にあるような有用な記事が書けないならば、はてなブログ運営のおすすめに従って書いてみよう、というアプローチが残されているという事である。

 

 

「今週のお題」に設定されているほどであるし、恐らくこれは求められているトピックなのだろう。

何より、ミシガンの短い夏は既に終わりを告げ、昨今は朝方に秋の冷え込みを感じるほどだ。

短い夏を振り返るには絶好の機会とすら感じる。

 

 

 

 

そうして筆者の今年の夏を振り返ってみると、

 

様々な場所で、

 

方々で、頻繁に、

 

 

 

 

店員だと勘違いされた。

 

 

 

 

 

誓って言うが、筆者は純粋に日本生まれにして日本育ちの日本人である。

よって、別に見た目がハーフのように彫りが深いわけでもない。

 

育ってきた環境も極めてドメスティック(過去記事でも言及している通り)であるからして、挙動も至って日本人らしい(はずだ)

 

上背があるわけでもなく、はたまた体を鍛えているわけでも、太っているわけでもない。

 

多くの米国人からすれば、『小柄な日本人』以外の何者でもないだろうし、

あるいは日本の女子高生に喩えさせれば『おっさん』以外の何者でもないだろう。

 

 

 

実際、昨年の夏は日本で過ごしていたわけだが、店員に間違われるような事は全くなかった。

そもそも昨年に限らずとも、店員に間違われたこと自体ほぼない。

 

 

 

ところが今年、ミシガンの夏はどうか。

 

 

スーパーマーケットでも、土産物屋でも、果てはカジノ内ですらも、

 

「あなたここで働いている人?〇〇探してるんだけど。」

 

と問われたものだ。

 

 

 

特に先日記事で触れたアンティークショップなどは傑作で、1時間かそこいらの滞在時間に3回も尋ねられたほどだ。

www.raretsu.com

 

それも向かいの廊下に、明らかに店員と思しきカウボーイ風の格好をした壮年男性がいるにも関わらず、である。

 

そういえばカナダのカジノでもスロットの位置を複数回聞かれた気がするが、思い返せばあれも店員だと思われていたのかもしれない。

 

 

 

 

間違われ始めた当初こそ、

「米国に住んでいる人は、店内で視界に入った人を店員認定しがちなのだろう」

 

などと根拠のない筆者お得意の憶測を立てていたものだが、先のアンティークショップ内3回店員認定事件を経て、ここにおいて愚鈍なる筆者もさすがに違和感を感じたわけである。

 

 

これはちょっと変なのではないか?と。

 

 

 

 

そこで事務所のメンバーの中で最も

 

"What can I do for you forest peanuts?"

 

といった類の科白を言い慣れていそうに見えるケニア出身のスタッフに、

 

「米国では店員に見間違えられるのはよくある事なのか?」

 

と訊けば、

 

「いや、そんなにない。少なくとも俺はないな。」

 

と。

 

つまりここにおいて、この自体が発覚したというわけである。

 

 

ダメ押しに女性陣にも同じ質問を投げると、

 

「いや、そんなことはない。」

 

と一蹴である。

 

 

 

 

そしてどうも、その話題は彼らにとって面白いものだったらしい。

 

その後、業務中にも関わらず議論が及んだ彼ら彼女らの推論を引用すると、どうも筆者がやたらと間違えられるのは、筆者の

 

『服装の問題』

 

なんではなかろうか、という結論が出たようであった。

 

 

 

しかるに、筆者のがこの夏を振り返るならば、

 

どんな服装をしたら、ミシガンで店員に見間違われることができるか?

 

これを説く以外に道はないという事である。

既に退路は断たれた。

 

 

 

 

 

 

店員に見間違われるための夏ファッション5か条

 

トップス

ボトムス

シューズ

アクセサリー

その他

 

 

 

 

トップス

店員に見間違われるためには、襟付きのシャツを着用すべきである。

筆者は偏屈なため、私服でもほぼシャツしか着用しない。そのため店員に見間違われた時も、例外なくシャツを着用していた。

ただいずれの場合も私服用の着丈短めのシャツで、タックインはしない方が良い。

腕まくりの有無は周りの気温によって調節して良い。

また、柄は強すぎない方が良い。

f:id:Raretsu:20190923054324j:plain

 

 

ボトムス

店員に見間違われるためには、カラージーンズを着用すべきである。

筆者は偏屈なため、私服でもほぼカラージーンズしか着用しない。そのため店員に見間違われた時も、例外なくカラージーンズを着用していた。

ただし色としては暗めの色、例えばネイビーやブラックが良い。

シルエットは細身の方が良い。

f:id:Raretsu:20190923054111j:plain

 


シューズ

店員に見間違われるためには、革靴を着用すべきである。

筆者は偏屈なため、私服でもほぼ革靴しか着用しない。そのため店員に見間違われた時も、例外なく革靴を着用していた。

ただし形はあまり問題ではないようで、プレーントゥでもカントリーシューズでも、ローファーでも問題ない。色は茶系あるいは黒が良い。

 f:id:Raretsu:20190923005421j:plain

 

 

アクセサリー

店員に見間違われるためには、革ストラップの腕時計を着用すべきである。

筆者は偏屈なため、私服でもほぼ革ストラップの腕時計しか着用しない。そのため店員に見間違われた時も、例外なく革ストラップの腕時計を着用していた。

ケースの形はラウンドでもレクタンギュラーでも問題ないが、アナログ文字盤である必要がある。手巻き時計であると尚良い。

f:id:Raretsu:20190914121401j:plain


例外として、質素に過ぎるかやや寂しい場合は簡素なアクセサリー程度は許されるようだ。

 



 

 

その他

店員に見間違われるためには、手ぶらを着用すべきである。

筆者は偏屈なため、私服でもほぼ手ぶらしか着用しない。そのため店員に見間違われた時も、例外なく手ぶらを着用していた。

要するにバッグの類は持ってはならない。小さなボディバッグなども不可である。

 

 

 

 

 

 

 

以上が

 

夏のミシガンで、店員に見間違われるための夏ファッション5か条

 

である。

 

 

 

 

 

最後に、実際のコーディネート例を2つほど示しておこう。

 

 

アンティークモール内で1時間に3回店員に見間違われるかもしれないコーディネート

 f:id:Raretsu:20190923004517j:plain



 

カジノで道案内を求められるかもしれないコーディネート

 f:id:Raretsu:20190923004532j:plain

 

 

 

 また経験上、店員に間違えてくれるのは壮年期以降のマダム層が多いが、初老に差し掛かったムッシュー層の場合もある。

 

よって、同じ服装でより効率的に間違えられるためには、それと思しき対象の近くを彷徨うようにすれば、単位時間当たりの見間違え率が上がる事請け合いである。

 

 

 

 

 

 

 

はて。

 

はてなブログ運営のおすすめに従って書いたはずなのだが、結局生まれ出でたのは平生に輪をかけて何の慰めにもならない記事であったとは、何ともやるせないものである。

 

 

Raretsu

 

【MEGA MALL】あの全米14位のGDPを誇るミシガンはランシングに鎮座せし最大のモール

この記事も5分では読めません。

 

 

こと「全米」と聞くと、脊髄反射のごとく『震撼』とか『泣いた』とか『ナンバーワン』とかのワードを後ろにつけたくなるのは陰険な筆者に限った話であろうが、そんな全米において堂々14番目のGDP(2018年名目GDP)を誇るのが、かのMI、すなわちMichigan(ミシガン)州である。

 

 

このミシガン州、そのGDPもさることながら人口で見ても10番目(2015年)、面積で見たならば11番目、更に州都はあのLansingである。

かような情報を踏まえたならば、このミシガンが全米においても1,2を争うほどに重要な立ち位置にあると断言して然るべきと言うのも、強ち過言かもしれない。

 

 

 

 

そしてかのLansingに聳え立つのが、ひょっとすると泣く子も黙るのではないか噂される程に大きいとされる「MEGA MALL」である。

 

 

www.facebook.com

f:id:Raretsu:20190920074212j:plain

かのLansingの中心地から見て、車でおよそ10分ほどの距離にある。

 

 

 

この手のアンティークモールというのは突然、何の前置きもなく道の湧きに出現する物だと以前にも言及したのが記憶に新しい気もするが、それはミシガン最大規模実しやかに噂されるこのMEGA MALLであってもその例に漏れないようだ。

 

f:id:Raretsu:20190920074430j:plain

一本道を走っていると、この風情のある看板が突如道の湧きに現れるのである。

 

f:id:Raretsu:20190920075905j:plain

敷地が広すぎて収まっていないが、ひとまず最大と噂されるだけあって大きいのは間違いないと言えるだろう。

 

 

 

 

 

ところでこのMEGA MALLであるが、てっきりどこぞのアウトレットモールのようにLargestと銘打っているかと思いきや、実際に看板を眺めてみたならば、その慎み深さに誰もが心打たれてしまう事請け合いである。

 

f:id:Raretsu:20190920080115j:plain

 

 

そう。

 

『Largest Antique Mall』ではなく、『Most Unique Shopping』なのである。

 

 

明らかに広い敷地を保持しながらも、しかしその物理的な敷地の広さを誇示するでもない。

そして「アンティーク」の名を敢えて外し、自らをその埒外に置いている。

 

 

14番目のGDPを誇るミシガンにおいては、アンティーク戦争ひとつとってもまさに血で血を洗うような、激烈にして苛烈な争いとなる。

それに対し、勇気の一歩後退を演じているこのMEGA MALLは、やはりミシガンにおいても数段次元の違う存在であると言っても過言かもしれない。

 

 

 

 

さてそんなMEGA MALLではあるが、実際にその規模というのはやはり大きい。

 

先日個人的な意見を垂れ流したKnights Bridge Antique Mallに比しても、目測で2倍以上の敷地面積を誇っているのではないか、と筆者は愚考する。

 

www.raretsu.com

 

ナイツブリッジアンティークモールがそうであったように、このメガモールにおいてもブース分けが為されているようだ。

f:id:Raretsu:20190920104510j:plain

やはり他のモールと似てそれぞれブースに分けられているようだが、全体の敷地が大きいだけあってかなりの数である。

 

 

このブース分けであるが、どうやらこのメガモールでは 

様々なディーラーが、それぞれが自分のブースに商品を陳列して商売する

という様式のようである。

 

 

 

 

従って、ブースによってかなり商品の傾向が違ってくる。

 

f:id:Raretsu:20190920104723j:plain

ブース単位でセールを行っているところも散見される。

 

f:id:Raretsu:20190920110305j:plain

アメリカンなバーには必需品でありそうなグッズを揃えているブースもある。

 

f:id:Raretsu:20190920105521j:plain

気づけば自ずと背後にある、古書コーナー。

 

f:id:Raretsu:20190920105913j:plain

ディーラーによっては結構きちきちに陳列するようで、割合死角が多い。突然別のお客さんが背後に現れたりと、ちょっとしたアトラクション…とまでは言わないが。

 

f:id:Raretsu:20190920111010j:plain

奥の方に行くと、ブースの途切れ目がよくわからない場所も出てくる。

 

 

 

加えて、『Antique』と銘打っていないだけあって、別にAntiqueらしい品物でなければ絶対いけないというわけでもないようである。

 

f:id:Raretsu:20190920105412j:plain

例えばこちらのディーラーは、『CoolなStuff』なら何でも買い取る余地があると豪語しているようだ。

 

 

f:id:Raretsu:20190920105719j:plain

こちらなどは、割合新しい絵に見える。どちらかというと、少女の仄暗い視線の方が気になってしまうが。

 

 

f:id:Raretsu:20190920111124j:plain

こちらなどは、明らかにアンティークとは言えない陳列物だろう。しかし普通に取り扱えている以上、お店側として特に問題はないようだ。

 

 

 

なお、店内が広いだけあって一部のブースは空きがあるようである。

 

 

当然それぞれ賃料が発生するようだが、

 

全米で14番目のGDPを誇るミシガンの中心たるランシングにて、アメリカンドリームをこそその手に掌握されたい諸兄姉

 

は是非とも検討してはいかがであろうか。

 

f:id:Raretsu:20190920110749j:plain

ディーラーによっては、「うちはここで5年商売を続けている」といった類の張り紙をつけているブースもある。このメガモールで商売を続けるのは、それだけで歴戦の猛者たる証となるのかもしれない。(ブース名のみ編集で削除)

 

 

 

あまりに広いので、全てを紹介することは甲斐性皆無の筆者には到底不可能だが、このメガモールの傾向として以下の点を挙げておきたい。

 

・圧倒的な敷地面積

・アンティーク以外も手広く扱う

・時間を潤沢に使ってユニークな一点ものを探し出したい諸兄姉向け

・逆にこの手の物品をピンポイントで探している諸兄姉からすると、訪問優先度は低め

 

 

 

ちなみに商品ではないが、このメガモールのRestroomにあるハンドドライヤーは一見の価値がある。

MOTTAINAI精神は日本独特であるとの説を小耳に挟みかけたことがあるが、これを見たならばどっこい、米国にもまた同種の精神が根ざしているではないか、と首肯する事請け合いである。その手法こそ異なるかもしれないが、その姿勢に一種の賞賛を禁じ得ないというのが、他でもないこの筆者d

 

 

 

 

 

ちなみにランシングに足を運んだならば、カフェイン補給にこちらも一つ、と試さずにはいられないのがこちらのカフェであると言っては過言だろうか。

 

 

比較的風情のある街並みの中に、突如として1軒だけ真新しく小綺麗なビルが現れたなら、それがそこに現れたという事である。

 

strangemattercoffee.com

f:id:Raretsu:20190920113748j:plain

店員に訊くと、「もともと向かいにあった店舗を、2年ほど前にこちらに移転した」とのことである。道理で明らかにFancyなわけである。

 

 

中へ入ると、どこにそんなに隠れていたのだと驚嘆するほどに、いかにもお洒落な若者で溢れ返っているのだから驚きである。

そこだけお洒落偏差値の箍が外れているかのように感じられるほどだ。

 

 

 

 

ちなみに店舗のお洒落さにも驚いたが、そのサイズのお洒落さにも意表を突かれた。

 

f:id:Raretsu:20190920115251j:plain

どの家庭にもあるアポログラインダーとパトリモニーで比較するに、このサイズはお洒落だと言わざるを得ない。

 やはり気になるところは一度は試してみるものだ、と愚考せずにはいらない筆者である。

 

 

Raretsu

 

【Knights Bridge Antique Mall】ミシガンでその身に刻むは、素晴らしいゴチャゴチャ感

この記事も5分では読めません。

 

f:id:Raretsu:20190908075250j:plain

 

米国はミシガンへ赴任してからというもの、観光地も含めて種々の地へ赴く機会があった。

 

 

日本に生まれた日本の筆者(参考URLが、その過程で様々な違いを感じた事は想像に難くない。

わけても電流が走ったこととして、アンティークモールがやたらと点在していることが挙げられる。

 

 

 

今日の日本においては、意識的に探しでもしない限り、アンティークモールなどそうそうお目にかかれるものではない、と思う。

 

 

ところがこのミシガンでは、車を転して行く先々で

 

『〇〇 ANTIQUE MALL』

 

といった類の看板が、それなりの頻度で車道の脇に出現するのである。

 

しかも出現の傾向というのが (少なくとも日本に生まれた日本の筆者には) 皆目もって見当がつかなかったりする。

街はずれだろうが観光地だろうが、何の断りもなく突如出現するのである。

 

 

 

そもそもこのような案内用のHPがある時点で、既に米国ではアンティーク市場が大規模に形成されているのかもしれない。

 

www.antiquemalls.com

 

 

 

過去にも垂れ流している通り、筆者はものぐさのくせにややこしいものが大好きである。

アンティークというのは筆者からすると『何か古くてややこしいもの』なので、その図式からすると当然好物の類に仕分けされるわけである。

 

 

 

 

 

 

そして本日、小峠をわずかに攻めていた稀代の薄さを誇るペーパードライバーたる筆者の前に、突如舞い降りたANTIQUE MALLがこちらである。

 

f:id:Raretsu:20190908075230j:plain

 

 

 

f:id:Raretsu:20190908075250j:plain

Knightsbridge Antique Mall

 

 

 

 米国の建物(特にミシガン)にはよくある事だが、建物の多くが1階建てかそれに相当する高さしかない。そしてその代わり、やたらと敷地面積が大きい。

 

このアンティークモールもその例に漏れず、1階建てにして結構な広さを誇っているようだ。

 

見た目から想像するよりも横幅、奥行きともにかなり広く、その中にアンティークな品々が所狭しと、というよりごちゃごちゃ並べられている。

 

f:id:Raretsu:20190908095249j:plain

高さはなく1階建てだが、かなり広さがある。

 

f:id:Raretsu:20190908095314j:plain

廊下のようなものが何本か通っており、そこの両脇に商品が並んでいる形式のようだ。

 

f:id:Raretsu:20190908095407j:plain

上とはまた別の廊下。

 

f:id:Raretsu:20190908095446j:plain

廊下には商品を出さない決まりになっているのだろうか。

 

 

 

かなり広いので筆者の乏しい写真スキルではとても納めきれないが、とにかくアンティークらしい品物がこれでもかというほど、ごちゃごちゃと敷き詰められている。

 

 

 

ところで小規模なアンティークモールなどだと、

 

家具ゾーン

銀食器ゾーン

コップゾーン

置時計ゾーン

コインゾーン…

 

といった形で、ある程度まとまってレイアウトされている場合がある。

 

ところがこのモールは、写真からお分かりいただけるかもしれないが、並び順に殆ど秩序がない。

 

 

例えば入口に時計がまとまっておいてあるかと思うと、

f:id:Raretsu:20190908100317j:plain

かなり大きめの時計類である。値段は物によって異なるものの、大体$600~$1000くらいのようだ。

 

その左手には何やら空き瓶の類が陳列されており、

f:id:Raretsu:20190908100523j:plain

この手の物品は、日本に生まれた日本の筆者にはどうにも価値を理解するのがなかなか難しい。

 

その向かいには時計だか食器だかが並び、

f:id:Raretsu:20190908100845j:plain

よく見ると、時計も食器も古本もある。

 

もう少し奥に行くと、また食器やら何か掛けるものがあり、

f:id:Raretsu:20190908101156j:plain

もはや「小物ゾーン」とでも形容した方が良かろうか。

 

そこから振り返るとまた時計の類が置かれていたりする。

f:id:Raretsu:20190908101433j:plain

時計の吊るし方が、何やら投げやりに感じられてこそばゆい。

 

 

以上のような形で、とりあえず陳列の方法に規則性はなさそうと判断するわけである。

 

 

とはいえアンティークモールの性質自体、

『一期一会』

『宝物探し』

といった性質で成り立っている気もするわけであって、これはこれで良いのかもしれない。

むしろ、時間を忘れて探してもらうための店側の試みなのかもしれない、と愚考してみる。

 

f:id:Raretsu:20190908102100j:plain

アンティークモールには、何故か必ずと言っていいほど年代物のゴルフクラブが置いてある気がする。

 

f:id:Raretsu:20190908102205j:plain

ここだけ色合いがラスベガスである。ちなみにスロットマシンも$500ほどで売っていた。

 

f:id:Raretsu:20190908105528j:plain

年代物と思しきコインの類も、様々な場所に陳列されていた。やはり陳列に統一性はない。

 

f:id:Raretsu:20190908110312j:plain

教養のない筆者には価値がわからなかったが、絵画の類も一部おいてあった。

 

f:id:Raretsu:20190908102414j:plain

破れているがれっきとした売り物である。破れていても$50らしい。

 

 

 

また、恰幅の良いカウボーイ風の壮年男性スタッフから聞いたところによれば、『スタッフそれぞれ持ち場が決まっており、そこの陳列を各々行う』だということらしい。

 

 

値付けもその担当者の裁量で決められるものらしく、たまたまその壮年男性の持ち場だったらしい下記のジオラマを眺めていたところ、

f:id:Raretsu:20190908103256j:plain

これはアンティークなのか?と尋ねたところ、どうやら1976年製だということらしい。こうなるとアンティークの定義がよくわからなくなってくるが、細かいところは気にしないというのは実に米国らしい。

「$100へ値を下げる故、是が非でも購入を検討してはくれまいか。何せ見ての通り我が持ち場は手狭、これを諸弁せねばと常々考えておるのだ」

 

との交渉を持ち掛けられた。

筆者は丁重にお断りしたが、$295が$100になるとなれば恐らくお買い得なのではないだろうか。ちなみに何の建物なのかは不明らしい。

 

 

 

また、これに限らず値切り交渉は歓迎だということだったので、それぞれの持ち場の担当者を探し当てれば、お得に手に入れることもできるかもしれない。

 

 

f:id:Raretsu:20190908110021j:plain

オーストリッチスキンと思しき鞄。担当によってタグの書き方も違うようで、写真のように目いっぱいに書く人もいれば、殆ど書かない人もいる。ただ共通しているのは、いずれもかなり難読であることだろうか。

 

 

 

 

 

ところでここは米国であるからして、陰険なる筆者は密かにこれを探していたりする。

 

www.roger-russell.com

 

日本でもミステリークロックの代表格として、極一部大変知名度のある代物である。

 

かつて米国で出回った普及品のはずだったので、それなりに数が残っているはずだ…と筆者特有の憶測が止まらなかったのだが、

 

 

 

f:id:Raretsu:20190908104212j:plain

 

f:id:Raretsu:20190908104229j:plain

f:id:Raretsu:20190908104241j:plain

 

なんと同じ店内に3つも存在した。

 

しかも先刻の壮年男性の言を反映してか、いずれも担当が違うようで、全く違う場所に陳列されていた。

 

 

加えて言うと、値つけは掲載順に

$35

$150

$185

であった。

 

一番上の品は電源が壊れているために破格だったようだが、他の2つはあまり状態に差は見られなかった。

内部点検の結果等で$35の開きがあるのかもしれないが、どちらかというと陳列者の裁量違いによるものなのではないか、とも憶測した次第である。

 

稀に見るほど薄給の筆者としては、$150であってもやや高めではなかろうか、と判断したため今回は見送ったが、交渉手腕に自信のある諸兄姉、あるいは稀に見るほどに富める諸兄姉があれば、在庫のあるうちに挑戦してはいかがであろうか。

 

 

 

系統別・種類別に陳列されていることは当然のこと、としてお店を捉えている場合が多いであろう現代においては、このような大雑把な陳列と言うのは逆に新鮮であったりもするものだ。

 

特に筆者のようにややこしいものが好きな面倒な愚昧においては、その探すのにやたらと手間のかかる感じこそ、なかなかどうして小気味よく感じられる。

 

 

 

そう言えば過去に、日本のとある店が新業態で出店する際、

 

それはそれは、

素晴らしい

ゴチャゴチャ感。

 

といったキャッチコピーで売り出していたような気もするが、このKnightsbridge Antique Mallこそまさしくそれではないか、と愚考しながら後にした次第である。

 

 

 

ともあれ宝探しの旅人に対する下記のような心遣いもあるようだし、近くに立ち寄られた諸兄姉におかれては、一度覗いてみてはいかがであろうか。

 

f:id:Raretsu:20190908105844j:plain

アンティーク探検家のため、無料の燃料提供をしているようだ。

 

Raretsu