対岸(Michigan)のブランパン

Unnecessary but Practically Unnecessary

不必要ではあるとはいえ、実際にはあまり必要のない物たち

【MEGA MALL】あの全米14位のGDPを誇るミシガンはランシングに鎮座せし最大のモール

この記事も5分では読めません。

 

 

こと「全米」と聞くと、脊髄反射のごとく『震撼』とか『泣いた』とか『ナンバーワン』とかのワードを後ろにつけたくなるのは陰険な筆者に限った話であろうが、そんな全米において堂々14番目のGDP(2018年名目GDP)を誇るのが、かのMI、すなわちMichigan(ミシガン)州である。

 

 

このミシガン州、そのGDPもさることながら人口で見ても10番目(2015年)、面積で見たならば11番目、更に州都はあのLansingである。

かような情報を踏まえたならば、このミシガンが全米においても1,2を争うほどに重要な立ち位置にあると断言して然るべきと言うのも、強ち過言かもしれない。

 

 

 

 

そしてかのLansingに聳え立つのが、ひょっとすると泣く子も黙るのではないか噂される程に大きいとされる「MEGA MALL」である。

 

 

www.facebook.com

f:id:Raretsu:20190920074212j:plain

かのLansingの中心地から見て、車でおよそ10分ほどの距離にある。

 

 

 

この手のアンティークモールというのは突然、何の前置きもなく道の湧きに出現する物だと以前にも言及したのが記憶に新しい気もするが、それはミシガン最大規模実しやかに噂されるこのMEGA MALLであってもその例に漏れないようだ。

 

f:id:Raretsu:20190920074430j:plain

一本道を走っていると、この風情のある看板が突如道の湧きに現れるのである。

 

f:id:Raretsu:20190920075905j:plain

敷地が広すぎて収まっていないが、ひとまず最大と噂されるだけあって大きいのは間違いないと言えるだろう。

 

 

 

 

 

ところでこのMEGA MALLであるが、てっきりどこぞのアウトレットモールのようにLargestと銘打っているかと思いきや、実際に看板を眺めてみたならば、その慎み深さに誰もが心打たれてしまう事請け合いである。

 

f:id:Raretsu:20190920080115j:plain

 

 

そう。

 

『Largest Antique Mall』ではなく、『Most Unique Shopping』なのである。

 

 

明らかに広い敷地を保持しながらも、しかしその物理的な敷地の広さを誇示するでもない。

そして「アンティーク」の名を敢えて外し、自らをその埒外に置いている。

 

 

14番目のGDPを誇るミシガンにおいては、アンティーク戦争ひとつとってもまさに血で血を洗うような、激烈にして苛烈な争いとなる。

それに対し、勇気の一歩後退を演じているこのMEGA MALLは、やはりミシガンにおいても数段次元の違う存在であると言っても過言かもしれない。

 

 

 

 

さてそんなMEGA MALLではあるが、実際にその規模というのはやはり大きい。

 

先日個人的な意見を垂れ流したKnights Bridge Antique Mallに比しても、目測で2倍以上の敷地面積を誇っているのではないか、と筆者は愚考する。

 

www.raretsu.com

 

ナイツブリッジアンティークモールがそうであったように、このメガモールにおいてもブース分けが為されているようだ。

f:id:Raretsu:20190920104510j:plain

やはり他のモールと似てそれぞれブースに分けられているようだが、全体の敷地が大きいだけあってかなりの数である。

 

 

このブース分けであるが、どうやらこのメガモールでは 

様々なディーラーが、それぞれが自分のブースに商品を陳列して商売する

という様式のようである。

 

 

 

 

従って、ブースによってかなり商品の傾向が違ってくる。

 

f:id:Raretsu:20190920104723j:plain

ブース単位でセールを行っているところも散見される。

 

f:id:Raretsu:20190920110305j:plain

アメリカンなバーには必需品でありそうなグッズを揃えているブースもある。

 

f:id:Raretsu:20190920105521j:plain

気づけば自ずと背後にある、古書コーナー。

 

f:id:Raretsu:20190920105913j:plain

ディーラーによっては結構きちきちに陳列するようで、割合死角が多い。突然別のお客さんが背後に現れたりと、ちょっとしたアトラクション…とまでは言わないが。

 

f:id:Raretsu:20190920111010j:plain

奥の方に行くと、ブースの途切れ目がよくわからない場所も出てくる。

 

 

 

加えて、『Antique』と銘打っていないだけあって、別にAntiqueらしい品物でなければ絶対いけないというわけでもないようである。

 

f:id:Raretsu:20190920105412j:plain

例えばこちらのディーラーは、『CoolなStuff』なら何でも買い取る余地があると豪語しているようだ。

 

 

f:id:Raretsu:20190920105719j:plain

こちらなどは、割合新しい絵に見える。どちらかというと、少女の仄暗い視線の方が気になってしまうが。

 

 

f:id:Raretsu:20190920111124j:plain

こちらなどは、明らかにアンティークとは言えない陳列物だろう。しかし普通に取り扱えている以上、お店側として特に問題はないようだ。

 

 

 

なお、店内が広いだけあって一部のブースは空きがあるようである。

 

 

当然それぞれ賃料が発生するようだが、

 

全米で14番目のGDPを誇るミシガンの中心たるランシングにて、アメリカンドリームをこそその手に掌握されたい諸兄姉

 

は是非とも検討してはいかがであろうか。

 

f:id:Raretsu:20190920110749j:plain

ディーラーによっては、「うちはここで5年商売を続けている」といった類の張り紙をつけているブースもある。このメガモールで商売を続けるのは、それだけで歴戦の猛者たる証となるのかもしれない。(ブース名のみ編集で削除)

 

 

 

あまりに広いので、全てを紹介することは甲斐性皆無の筆者には到底不可能だが、このメガモールの傾向として以下の点を挙げておきたい。

 

・圧倒的な敷地面積

・アンティーク以外も手広く扱う

・時間を潤沢に使ってユニークな一点ものを探し出したい諸兄姉向け

・逆にこの手の物品をピンポイントで探している諸兄姉からすると、訪問優先度は低め

 

 

 

ちなみに商品ではないが、このメガモールのRestroomにあるハンドドライヤーは一見の価値がある。

MOTTAINAI精神は日本独特であるとの説を小耳に挟みかけたことがあるが、これを見たならばどっこい、米国にもまた同種の精神が根ざしているではないか、と首肯する事請け合いである。その手法こそ異なるかもしれないが、その姿勢に一種の賞賛を禁じ得ないというのが、他でもないこの筆者d

 

 

 

 

 

ちなみにランシングに足を運んだならば、カフェイン補給にこちらも一つ、と試さずにはいられないのがこちらのカフェであると言っては過言だろうか。

 

 

比較的風情のある街並みの中に、突如として1軒だけ真新しく小綺麗なビルが現れたなら、それがそこに現れたという事である。

 

strangemattercoffee.com

f:id:Raretsu:20190920113748j:plain

店員に訊くと、「もともと向かいにあった店舗を、2年ほど前にこちらに移転した」とのことである。道理で明らかにFancyなわけである。

 

 

中へ入ると、どこにそんなに隠れていたのだと驚嘆するほどに、いかにもお洒落な若者で溢れ返っているのだから驚きである。

そこだけお洒落偏差値の箍が外れているかのように感じられるほどだ。

 

 

 

 

ちなみに店舗のお洒落さにも驚いたが、そのサイズのお洒落さにも意表を突かれた。

 

f:id:Raretsu:20190920115251j:plain

どの家庭にもあるアポログラインダーとパトリモニーで比較するに、このサイズはお洒落だと言わざるを得ない。

 やはり気になるところは一度は試してみるものだ、と愚考せずにはいらない筆者である。

 

 

Raretsu